最近のトラックバック

カテゴリー

リコヤンとブログ部

【ブログ部企画第九十八弾】東京と神戸

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は98回目。今回のテーマオーナーはHTスーパー係長。テーマは「東京と神戸」です。
---------------------------------
今回のテーマは「東京と神戸」。

私は東京在住22年、神戸在住23年です。ただし、神戸在住中にインドネシアに1年、モロッコに5か月出張していますので、東京と神戸で半々といったところでしょうか。

では、東京と神戸のどちらが好きか。これは難しいですね。遊ぶ場所という点では東京の方が上だと思います。美味しいお店があるという点でも東京の方が上かな。学びの場も東京の方が圧倒的に多いと思います。しかし、通勤環境は神戸の方が圧倒的に良いと思います。また、東京は人が多すぎる感じもします。

ただ、個人的には東京にも友人がたくさんいるし、神戸にもたくさんいるので、東京も神戸も私にとってはホームといった感じです。もう一か所ぐらいホームがあるといいかもしれませんね。あとは沖縄かな(笑)

【ブログ部企画第九十七弾】働き方改革

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は97回目。今回のテーマオーナーは新米課長。テーマは「働き方改革」です。
---------------------------------
今回のテーマは「働き方改革」。今、流行ですよね。

当社においても、例外に漏れず、働き方改革を推進しております。私も全体のプロジェクトコーディネータとして、活動を推進する立場にいます。

当社においては、極端な長時間残業を減らし、業務の生産性を上げ、そうしたことで創出した時間でプライベートや自己啓発を充実させることを目的に活動を進めています。

一方、こうした活動を進めることによって、日本人の強みである粘り強さや細かい配慮が失われていくのではないかという懸念もあります。欧米のような働き方の真似をして、はたして日本人は社会に価値を提供できるのでしょうか。

まあ、何が正しいかはわかりませんが、とにかくそういうことを考える良い機会になればいいなと個人的には思っています。

【ブログ部企画第九十六弾】フリー

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は96回目。今回のテーマオーナーはつじ副部長だったのですが、音信不通のため、私が独断で決めました。テーマは「フリー」です。
---------------------------------
今回のテーマは「フリー」。

フリーと聞いて、一番最初に思いつくのは、キリンのフリー。ノンアルの中では一番好きです。が、全然売ってない(笑)コンビニとかでも、もっと売って欲しいです。

【ブログ部企画第九十五弾】部下育成

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は95回目。今回のテーマオーナーは私です。テーマは「部下育成」です。
---------------------------------
今回のテーマは「部下育成」。
最近、自分の成長はもういいのではないか。そろそろ後進を育てていかないといけないのではないかと少しだけ思うようになってきました。私も、もう45歳。リコヤン・チルドレンをそろそろ育てていかないと(笑)

そこで最近私が後進育成のために実践しようと試みていることを、備忘録として残しておこうと思います。ただし、あくまで我流ですし、まだまだ変わるかもしれませんので、その辺りは御容赦下さい。

1.あくまで自分で考えさせる
・ありたい姿を描かせる。
・そのために必要な能力、スキル、マインドを描かせる。
・どこが弱点か、何を強化したいかを考えさせる。
・それらの能力をどのように強化していくのか、計画を立てさせる。

2.一人前の企画屋を育てるために
・あるカテゴリーの仕事をまとめて任せる。
・仕事を体系的に整理させ、何が課題かを抽出させる。
・その課題をドンドン解決させる。
・ある程度解決したら、次のカテゴリーを任せる。

3.徐々に魂を入れていく
・基本的に答えは言わない。極々たまに直接指導する。
・少しずつ価値観を共有していく。

ただし、一番大事なことは、その人がそもそも何を大事にしているのかを把握しておくことだと考えています。成長なのか。安定なのか。それとも?ちなみに、私が本気で相手にするのは成長したい人のみです。安定志向の人は、他の人に任せようと思っています(笑)

【ブログ部企画第九十四弾】グローバル競争に勝つためには

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は94回目。今回のテーマオーナーはRugosa roseさん、テーマは「グローバル競争に勝つためには」です。
---------------------------------
今回のテーマは「グローバル競争に勝つためには」。

グローバル競争に勝つためにはと聞いてパッと思い出したのは、ラグビー・ジャパンの前ヘッドコーチであったエディ・ジョーンズの著書『ハードワーク』です。この本に書かれていた日本人の強みと弱みは以下の通りです。
---------------------------------
1.日本人の強み
・勤勉
・敏捷
・礼儀正しい
・粘り強い
・忠誠心がある、従順
・おそろしく時間に正確
・生真面目
2.日本人の弱み
・強い個性が無い
・他人から自分がどう見えるかということばかり考えている
・体格が小さい、基礎体力が低い
・リスクを負わない
・ディシジョン・メイクが弱い
・融通が利かない
---------------------------------
日本がグローバル競争に勝つためには、日本人の強みを活かした戦い方が重要になると思っています。つまり、日本がグローバル競争に勝つためには、ハードワークをこなしながら、お客様の細かいニーズに素早く対応することが重要ではないかと思っています。ハードワークし過ぎて、体を壊すのはどうかと思いますが、ワークライフバランスというトレンドに乗ってハードワークを忘れてしまうと、日本はドンドン弱くなってしまうのではないかと秘かに少しだけ心配しています。

【ブログ部企画第九十三弾】夏の思い出

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は93回目。今回のテーマオーナーは社会人再入門者さん、テーマは「夏の思い出」です。
---------------------------------
今回のテーマは「夏の思い出」。

夏の思い出といえば、「夏がく~れば思い出す~、遥かな尾瀬~遠い空~♪」ぐらいしか思い出せません(笑)今年の夏休みは、大学の自習室でズッと論文執筆していたので、思い出はゼロです(泣)

あと夏の思い出といって思い出すのは、MBA論文を提出した2010年でしょうか。あの夏はいろんな意味で熱かった...という記憶が今も脳裏に焼き付いています。

あれだけ熱い夏はこれから来るのだろうか。いや、もう来ないだろうな(笑)

【ブログ部企画第九十二弾】企業の生産性

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は92回目。今回のテーマオーナーはmumuyau第二秘書、テーマは「企業の生産性」です。
---------------------------------
今回のテーマは「企業の生産性」。

このテーマについては、12年前からズッと考えているテーマですので、言いたいことは山ほどあるのですが、時間の関係で手短に記します。

古くから、日本企業のホワイトカラーの生産性は、欧米先進国に比べて著しく低いと指摘されています。生産性は「付加価値÷投入資源」と定義されます。ということは、生産性を上げるためには、

1.投入資源を下げ、付加価値を維持
2.投入資源は維持、付加価値を上げる
3.投入資源は上げ、付加価値をそれ以上に上げる

といったような方法が必要となります。日本企業は「1」は割と得意だと思うのですが、それでも生産性が低いということは、「2」や「3」が出来ていないということになるでしょう。では、なぜ日本企業は「2」や「3」が出来ないのでしょうか。

1.いくら効率よく作業をしても、結果として生み出されている付加価値が低い。
2.付加価値が低い理由としては、他社との差別化が出来ていないから。つまり、戦略が弱い。
3.もう一つの理由は、戦略は悪くないが、組織内の意識決定が圧倒的に遅いため、他社に出し抜かれているから。もしくは他社にすぐ追いつかれているから。

ということは、日本企業の生産性を上げるために必要なのは、「戦略」と「スピーディな意思決定」ではないかと考えられます。たとえ一人一人の業務効率を上げても、戦略が古く、組織内の意思決定が遅かったら、付加価値は向上しないでしょう。

【ブログ部企画第九十一弾】Home

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は91回目。今回のテーマオーナーはRednose第一秘書、テーマは「Home」です。
---------------------------------
今回のテーマは「Home」。

ホームと聞くと、やはり生まれ育った地元を思い出します。今でも月に一度は帰省していますが、やはり気分的に落ち着きます。そして、帰省すると、昔を思い出します。すごく懐かしい感じがして、昔のあの「ギラギラした感覚」が甦ってきます。そういう意味で、地元は私の原点(オリジン)とも言えるかもしれませんね。

一方で、最近は関西の方が落ち着く感じもします。関東在住22年、関西在住23年、とついに関西が関東を上回ったからでしょうか。そういう意味では、今はダブルホームという贅沢な状態にあると言えるかもしれませんね。

【ブログ部企画第九十弾】私の人事異動

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は90回目。今回のテーマオーナーはHTスーパー係長、テーマは「私の人事異動」です。
---------------------------------
今回のテーマは「私の人事異動」。私は会社に入って二度、大きな人事異動を経験しています。1度目は入社10年目の時にプラントの土木建築設計部門から本社の技術系コンサル部門への異動です。

これは本当に悲しい出来事でした。当時、プラント部門は調子が悪く、分社化することが決まっていました。そのような状況でも、私はプラントの仕事を愛していたので、「このまま残って、俺が建て直してやる」という気持ちで一杯でした。そんなある日、突然上司に呼ばれ、「本社が貴方を欲しいと言ってるわ。断れないと思うけど、一応、明日までに行くかどうか考えてくれるか」と言われました。一晩悩みに悩んで考えた結果、「この沈没するかもしれない船に乗っているのではなく、とりあえず外に出てみよう」と思い、次の日「行きます」と返事をしました。

しかし、異動した部門はシニアの方しかいないわ、今まで培ってきた土木建築設計の知識は不要だわで、「ああ、俺の会社人生はこのまま終わっていくのか」と肩を落としたのを今でも覚えています。

しかし、すぐに「このままでイカン」と思い、「まずは今までのキャリアを形にしよう」ということで、一級建築士を取得し、次に「今の部門で使える武器を身につけよう」ということで、プロジェクトマネジメント関連の資格、VE関連の資格、技術士資格(経営工学部門)を取得しました。そして、最後に「将来必要になるであろう知識を身につけよう」ということで、MBAへ行き、Ph.Dコースに進学しました。結局、この部門には10年間在籍することになるのですが、お陰様で視点も知識もかなり広がったと思っています。

2度目は、入社20年目の時に本社の技術系コンサル部門から本社の人財開発部門への異動です。これは自分の意思で行き先を決め、関係者にも自分で根回しを行い、すべて後腐れなく、かつスムーズに異動することができました。1回目は「自分の意志に反して異動」だったので、2度目は「自分の意思で行きたい所へ必ず異動してやる」と決めていたのですが、うまくいきすぎてビックリしました。現在もこの部門にいるのですが、毎日が楽しくて仕方ありません(笑)いろいろとやるべきことややりたいことがたくさんあるので、あと2年間は今の部門で精一杯頑張りたいと思っています。

というわけで、私は二度の大きな異動を経験したわけですが、環境が変わると、それに対応しようと人は必死になるので、大きく成長するのではないかと個人的には思っています。
今後は若い人たちにも、このようなチャンスをドンドン与えていきたいと思っています。

【ブログ部企画第八十九弾】マネジメントの本質

今回はブログ部企画です。(※毎月26日9時は勝手に「ブログ部の日」としております)今回は89回目。今回のテーマ選定は新米課長です。
---------------------------------
今回のテーマは「マネジメントの本質」。めちゃめちゃ難しいお題ですね。

マネジメントとは、「人を介して物事を成し遂げるためのノウハウ」と自分なりに解釈しています。また、マネジメントとは、「人・もの・カネを活かすこと」とも解釈しています。一方、マネジャーの仕事は、「個人や組織のパフォーマンスを最大化し、組織の目標を達成すること」と「部下を育成すること」だと思っています。

では、マネジメントの本質とは何なのか?マネジメントを実践する上では、人づくりと仕組みづくりが重要になると思うのですが、最近は特に「最終的にはやっぱり人だな」とつくづく思っています。

いくら優れた仕組みがあっても、人がイマイチだと組織として高いパフォーマンスを発揮することはできません(※)。逆に、優れた人がいれば、優れた仕組みをつくり、組織として高いパフォーマンスを発揮することが可能になるでしょう。(※人がイマイチだと組織として高いパフォーマンスを発揮することができない仕組みは優れた仕組みとは言わないかもしれませんが...)

そう考えると、やはり「いかに優れた人をつくるか」が重要であり、具体的には「いかに価値観や判断基準を共有した優秀な仲間や部下をつくるか」に尽きるのではないでしょうか。

非常に難しいテーマですので、今後も考え続けたいと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

リコヤン(cchii)と環境経営 | リコヤン(MBAおじさん)とグローバル戦略 | リコヤン(MBAおじさん)とマーケティング | リコヤン(MBAおじさん)と人材マネジメント | リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ | リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント | リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度 | リコヤン(居眠り王)とネゴシエーション | リコヤンとM&A戦略 | リコヤンとRST | リコヤンとまさお | リコヤンとやさしい経済学 | リコヤンとアントレプレナーファイナンス | リコヤンとイノベーションマネジメント | リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究 | リコヤンとグローバル戦略 | リコヤンとケースプロジェクト研究 | リコヤンとコーチング | リコヤンとサーベイリサーチ法 | リコヤンとゼネラルマネジメント | リコヤンとテクノロジーマネジメント | リコヤンとテーマプロジェクト研究 | リコヤンとネゴシエーション | リコヤンとパリ | リコヤンとビジネスエコノミクス | リコヤンとファイナンス | リコヤンとフットサル部 | リコヤンとブリュッセル | リコヤンとブログ部 | リコヤンとマネジメントコントロール | リコヤンとマーケティング | リコヤンとロンドン | リコヤンと上海 | リコヤンと事業創発マネジメント | リコヤンと人材マネジメント | リコヤンと修士論文 | リコヤンと公益事業経営 | リコヤンと博士論文 | リコヤンと台北 | リコヤンと品質管理 | リコヤンと地震関連情報 | リコヤンと定性的方法論研究 | リコヤンと沖縄 | リコヤンと特別講義 | リコヤンと独り言(DBA) | リコヤンと第二論文 | リコヤンと管理会計勉強会 | リコヤンと組織行動Ⅱ | リコヤンと経営戦略応用研究 | リコヤンと統計解析応用研究 | リコヤンと製品開発マネジメント | リコヤンと財務会計応用研究 | リコヤンの今週の予定 | リコヤンの独り言 | リコヤン(shimicchoro)と国際経営