最近のトラックバック

カテゴリー

リコヤンとブリュッセル

【番外編】実録:竜野の女の巻

昨日はMBA同級生とのフットサルに行ってきました。いやあ、やっぱりフットサルはいいですね!そして、修了式以来、久々に会った人も多かったのですが、みんな元気そうで何よりでした。残念ながら忘年会には行けなかったのですが(特に恒例のS山最新ベスト3は聞きたかったのですが(笑))、新年会(ortただの飲み会)行きましょう!

さてさて、今回はブリュッセル生活の超番外編。

KIOSKで地下鉄の切符を買おうとした時のこと。KIOSKのおじさんが突然!

「(おじさん)コニチハ!」

出た~、片言の日本語を喋る外国人(笑)いやあ...いいですね!(これぞ旅行の風物詩(笑))

「(おじさん)ジャパン?」

「(私)ウイ、ジャパン!(※ちなみに私は「郷ひろみ」ではありません)」

「(おじさん)先日、俺は日本に行ったんだ!(※ちなみに英語でした)」

ええっ、ホント?ブリュッセルで親日家に会うなんて!と思っていたら、急におじさんがKIOSKにあったPCの画面をこちらに向けた。壁紙を見ると、な、な、なんと、日本のお城の写真だった。

「(私)Oh! Beautiful!

「(おじさん)これはヒメジだ。俺はタツノに行ったんだ。(※ちなみに英語でした)」

ヒメジ?タツノ?ああ、姫路城と竜野市。しかし、なんてまあマニアックな所へ行ったんでしょう。もっと他にもあったでしょうに(笑)

「(リコヤン)I’m coming from KOBE!

「(おじさん)おおっ、神戸か。知ってるよ。俺は今年5月、竜野にいる女性に会いに日本へ行ったんだ。日本は楽しかったよ。これは日本のお土産さ。これも日本のお土産で...(この後、約2分ほど日本でのお土産を見せていただいた)...でも、今はその女性と音信不通なんだ。(※ちなみに英語でした)」

「(リコヤン)Aha! OK…See you again!

とりあえず、KIOSKからの脱出に成功。(ちょっと長かった(笑))

しかし、後からよくよく考えてみると不思議な点が多い。女性に会いに日本へ?今では音信不通?そもそも、おじさんは独身なの?その女性は何歳ぐらいの人なの?今年5月に...我々が修論でもがいていた時に、兵庫県竜野市で2人に一体何があったのか?あああ、気になる。気になって夜も眠れない...ああああああ!

ただ一つ言えるのは...おじさんにとってその竜野の女性は「イイ女だった」ということだけである。(間違いない!(ふるっ))

【番外編】最後の晩餐はサブい?の巻

ブリュッセル生活3日目のつづき。(まだ続きます、スイマセン)

アントワープを後にし、ブリュッセルに戻ってきました。ブリュッセルに戻ってきてからは、お土産用のチョコを片っ端から買い漁りました(笑)

Sn3m0002

そして、ブリュッセル最後の晩餐としてグランプラスのレストラン「ケルベルク」のベルギー料理を選択。店は石垣に囲まれた独特の雰囲気。う~ん、いい感じ。でも、昔は牢屋に使われていたらしい。こわっ。

店に入るや否や、店員から

「(店員)イングリッシュか?フレンチか?」

と聞かれた。すかさず

「(私)English, please!

と答えるとすぐに英語のメニューを渡された。次に日本人らしき若者グループが入店してきた。するとなぜか店員は

「(店員)ジャパニーズか?」

と聞いた。若者は

「(若者)ジャポネ、ジャポネ」

と答え、店員はすぐに日本語のメニューを持ってきた。

ど、ど、どういうこと?

サブいサブい「ブリュッセルでの最後の晩餐」になったことは言うまでもない...(冗談です、美味しくいただきました(笑))

これにて3日間のブリュッセル生活は終了!あとは後日、超番外編を1つ紹介したいと思います!お楽しみに!

【番外編】アントワープでわんわん!の巻

昨晩は久しぶりにRSTメンバーと飲みました。いやあ、楽しかったですね!やはり、このメンバーは落ち着きます。皆様、お疲れ様でした!

さて、帰国して1ヶ月以上過ぎましたが、再びブリュッセル生活のレポートに戻りたいと思います!(あと数回続きます)

と言う訳で、ブリュッセル生活3日目。

この日はブリュッセル南駅からICに乗り、アントワープという街に行ってきました。フランダースの犬の街アントワープ。わんわん。

アントワープはとにかく駅舎が素晴らしかったです。

Sn3m0051_2

いやあ、海外の駅舎ってカッコいいですね!それに比べて日本の駅舎は...(笑)

次にノートルダム大寺院に行ってきました。あのフランダースの犬の少年ネロを魅了したルーベンスの絵がある大寺院。

Sn3m0053_2

しかし、この日は生憎ミサだったため、ルーベンスの絵を間近で観ることはできませんでした。(遠目から観ることはできましたが)ちなみにルーベンスの聖母被昇天とは

_

大寺院の近くにはフランダースの犬にちなんでこんな石碑もありました。

Sn3m0052_2

ただし、少々残念だったのは、この日はベルギーの祝日だったため、ほとんどの店が閉まっていたこと。アントワープ、一番の目玉である「ルーベンスの家」も休みでした。

日本で言うと正月みたいな感じ。閑散とした街アントワープ。おそるべし海外の祝日(笑)という訳で、滞在時間3時間でアントワープを後にし、ブリュッセルへ戻りました。(まだ続きます(笑))

【番外編】デビルビールは破壊力♪の巻

ブリュッセル生活2日目のつづき。

この日の晩はグランプラスのブラスリーバーみたいなところに入り、ライトアップされた市庁舎を観ながら、ベルギービールを飲みました。我ながらちょっとカッコいい。

Sn3m0050

ベルギービールは種類が豊富。何にしようか悩みに悩みましたが、結局「DUVEL」というビールにしました。

Duvel

このビール、意味はデビルらしい。何がデビルか!と思い、グビッと飲んでみると、妙にキツい感じが。アルコール度数を見ると「8.5%」。キ、キツッ途端に酔いが回ってくる。グビッ、グビッ。

リコヤンデビール!→実はデビルマンが超好きです」

真っ赤な顔したデビルはんさむ完成。この日はこの1杯を飲み干して、2日目を終了しました。

【番外編】ワッホー!ワッホー!の巻

ブリュッセル生活2日目のつづき。

ブリュッセルに戻ってきてすぐにワッフルを食べに行きました。ワッフル屋に向かう途中、またもやジュリアンくんに遭遇。

Sn3m0049

リコヤン 昨日と服装が変わってる

http://rico-yuan246.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/3s-9e75.html

どうやらジュリアンくんは毎日衣装を着替えているらしい。世界一の衣装持ちと言われるジュリアンくん。リコヤンくんとは大違いだしかし、それにしてもちっちゃい下ネタではありません

ワッフル屋に到着。今度はブリュッセル風ワッフル。思い切ってイチゴと生クリームをのせまくったやつを食べました。

Sn3m0048

いやあ、美味しかったですね!そして、日本で食べていたワッフルは全く別物だということもわかりました。あれは「日本式ワッフル」ですね(笑)

【番外編】3ヶ国語を操るおじさん!の巻

今日はブリュッセル生活2日目のつづき。水の都ブルージュ。はんさむは水がよく似合う。

ランチ後、運河クルーズをしました。

Sn3m0045

運河クルーズは一つのボートに約30名の観光客が乗船。そこに運転者兼観光ガイド(キャプテン)が1名乗船。うちのボートのキャプテンはエラく太ったおじさんでした。

「(リコヤン)おいおい、ボート沈むんちゃう?」

と思わせるほどの巨漢ぶり。しかも、ムスッとしてちょっと怖い感じ。私の席は前から2番目。よく見ると、キャプテンのお尻は椅子からはみ出ている。巨漢だ~。そして、クルーズ出発!

思ったら、キャプテンはいきなりオランダ語でガイドを始めました。もちろん全くわかりません。

「(リコヤン)オランダ語は全くわからんな~。」

と思っていたら突然フランス語に切り替えました。おおっ!ちょっとだけ理解できる。そういえば、ベルギーの公用語はフランス語とオランダ語。

(リコヤン)やるな~、このおじさん。」

と思っていたら今度は突然英語に切り替えました。ここまでくるとスゴい!こんなに太っているのに!(関係ないか(笑))しかも、かなり流暢な英語だ。こんなに太っているのに!(関係ないか(笑))そして、またオランダ語、フランス語へと切り替える。なんか、カッコいい。よく見るとキャプテンは口ひげをはやしている。これもなんかカッコよく見えてくる。不思議だ ~(笑)

感心しているうちに、運河クルーズも終了。その後、ベギン会修道院へ行き、ICでブリュッセルへ戻りました。

【番外編】水も滴るいい男=はんさむ?の巻

ブリュッセル生活2日目のつづき。水の都ブルージュ。はんさむは水がよく似合う。

この日も朝から生憎の小雨。この日の午後に気づいたのですが、ベルギーのこの時期の天気ってパターンが一緒かも。つまり、この2日間の天気が「午前中:小雨午後から雨があがり、少しだけ晴れてくる」と全く同じパターンだったので、明日もそうではないかと。ちなみに気温は最高気温13度、最低気温8度。日本よりちょっとだけ寒い感じでした。(でも、それほど寒くない)

ブルージュは本当に美しい街でした。

Sn3m0039

途中、何回も馬車にひかれそうになりましたが。 (なぜか馬が私の方に突っ込んでくることが2回ほどありました。はんさむだから?

まずはブルージュの中心に位置するマルクト広場に行きました。マルクト広場はグランプラスに似ていました。広場とそれを囲むように位置するレストラン。ちょっといい感じ。

Sn3m0044

ランチは「地球の歩き方」に載っていたベルギー料理のレストラン「テ・デレフェケン」へ。これが大当たり牛肉のビール似をおいしくいただきました。超満足!

【番外編】電車男?念願のICに乗車!の巻

ブリュッセル生活2日目のつづき。この日は朝からブルージュという街に行ってきました。水の都ブルージュ。はんさむは水がよく似合う。

まずはホテル近くのルイーズ駅からブリュッセル南駅までメトロで移動。ベルギーは111日が祝日のため、この週末は3連休。(シルバーウィーク?) という影響もあってか、駅の切符売り場は大混雑。結局15分並んで切符を買い、念願(?)のベルギー近郊車両IC(インターシティ) に乗りました。

Ic

そういえば、欧州で鉄道に乗るのは久々だったため、少し戸惑ってしまいました。まず、座席は1等車・2等車などに分かれていますが、ホームのどの辺で待っていればいいかわからない。しかも、私が頼んだ2等車は自由席だからタチが悪い。結局、あまり混んでいなかったので、すんなり座れましたが、

「(リコヤン)いやあ、日本の鉄道会社は親切だな~。」

と改めて痛感しました。

このIC、乗り心地は決して悪くありませんでした。しかし、定刻には予想通り着かない (笑) 。やはり、日本の鉄道は優秀ですね!(競争と協調?)

というわけで、鉄道に乗って1時間ちょっとで無事、水の都ブルージュに到着しました。

【番外編】サマータイム・ブルージュ?の巻

ブリュッセル生活2日目。この日も時差の影響か、現地時間6時に目が覚めてしまいました。シャワーを浴び、メールをチェックし、

「(リコヤン)さてさて朝食でも採りに行こうか。でも、その前に天気のチェックを ...」

と思って、テレビをつけたところ、まだ615分。あれ?715分のはずだけど?

よくよく調べてみると、昨日1030日(土をもってサマータイム終了。という訳で、本日からすべて1時間ズレているみたい。や、や、ややこしい!しかし、スゴいタイミングで変わりますね。私はてっきり 111日からだと思っていました。

でも、ちょっとだけ得した感じ。その後、神から授かった1時間を有意義に過ごし、朝食を採りに向かいました。この日は水の都ブルージュへ行く予定。超楽しみ!

※【速報】のいくつかの記事に写真をアップしましたので、興味のある方は是非参照下さい!

【番外編】ブラッセルのビーサン専門店は儲かるのか?の巻

そういえば、ブラッセル(ブリュッセルの別の言い方。ちょっとカッコいい。)でちょっと不思議に感じたこと。それはビーチサンダル専門店があったことです。なぜブラッセルにビーサン専門店?儲からないのでは?

そもそもブリュッセルは寒い。そして、そもそもブリュッセルには海がない。どう考えてもニーズはない。でも、店は小奇麗で、つぶれそうな感じはしない。

ブラッセルのビーサン専門店は儲かるのか?

皆さん、どう思います?

その他のカテゴリー

リコヤン(cchii)と環境経営 | リコヤン(MBAおじさん)とグローバル戦略 | リコヤン(MBAおじさん)とマーケティング | リコヤン(MBAおじさん)と人材マネジメント | リコヤン(MBAおじさん)と組織行動Ⅰ | リコヤン(shimicchoro)と戦略マネジメント | リコヤン(めくるめくくめ)と会計制度 | リコヤン(居眠り王)とネゴシエーション | リコヤンとM&A戦略 | リコヤンとRST | リコヤンとまさお | リコヤンとやさしい経済学 | リコヤンとアントレプレナーファイナンス | リコヤンとイノベーションマネジメント | リコヤンとオペレーションズマネジメント応用研究 | リコヤンとグローバル戦略 | リコヤンとケースプロジェクト研究 | リコヤンとコーチング | リコヤンとサーベイリサーチ法 | リコヤンとゼネラルマネジメント | リコヤンとテクノロジーマネジメント | リコヤンとテーマプロジェクト研究 | リコヤンとネゴシエーション | リコヤンとパリ | リコヤンとビジネスエコノミクス | リコヤンとファイナンス | リコヤンとフットサル部 | リコヤンとブリュッセル | リコヤンとブログ部 | リコヤンとマネジメントコントロール | リコヤンとマーケティング | リコヤンとロンドン | リコヤンと上海 | リコヤンと事業創発マネジメント | リコヤンと人材マネジメント | リコヤンと修士論文 | リコヤンと公益事業経営 | リコヤンと博士論文 | リコヤンと台北 | リコヤンと品質管理 | リコヤンと地震関連情報 | リコヤンと定性的方法論研究 | リコヤンと沖縄 | リコヤンと特別講義 | リコヤンと独り言(DBA) | リコヤンと第二論文 | リコヤンと管理会計勉強会 | リコヤンと組織行動Ⅱ | リコヤンと経営戦略応用研究 | リコヤンと統計解析応用研究 | リコヤンと製品開発マネジメント | リコヤンと財務会計応用研究 | リコヤンの今週の予定 | リコヤンの独り言 | リコヤン(shimicchoro)と国際経営

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ